ぶらり杏仁豆腐 ~育児・日常diary~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

松山サクまつり 2011   

先日のまつやま祭りの話題を。

少しでも、おまつりの雰囲気を感じてもらいたくて、
外に出てみました。

道後までいけば、
喧嘩神輿もみれるんだけど、
赤ちゃん連れて、一人で大勢の観客のなか行く余裕など
私にはなく・・

地元の、子供みこしで丁度いいんですよ!

やはり、はっぴも少し小さくなっていました。
0歳の時買ったものだから・・。

でも僕は満足!」



で、丁度、うちは、隣の町との境なので、
隣町のこどもみこしのほうが近かったりします。
で、おみこしを見せていただくことに。

少しでも、雰囲気だけでも。と思っていたのですが…。
012_convert_20111012122449.jpg

016_convert_20111012122555.jpg
サクがやりたい!と言いだし・・


ついていくことになってしまったーーーー!!!!!!

エ―――――(;OдO)―――――!?

見るだけにしようと言う、
私の忠告も、
「おかあさんきらいだし。」と
わけのわからない、理由で、
ついていこうとするサク。

やめてよー予想外の展開だー。


どこのだれなのという雰囲気の中・・。


017_convert_20111012122616.jpg
トコトコついていく青のハッピ野郎。



挙句の果て・・・図々しくも
011_convert_20111012122427.jpg
休憩にも参加し、(母も)


更に、ついていくこと、
またもや、
015_convert_20111012122532.jpg
休憩②にも参加し、(母も)


町内違うなんていえやしないし!!


で、聞かれましたよ。


町内会の方 「さくくんは、どこにすんでるの~」

まきずし  「あの~、○○∇丁目です。」

町内会の方 「あれ~お隣~?でも、子供がうちの町内少ないから
       参加してくれてありがとう。」


 ああ、よかった。
 町内会費、隣に納めてるのに、
 図々しくも、飲み食べして、参加賞のお菓子まで頂いて・・。



何よりも、ベビーカーで、
小一時間、アウェー感漂う中、
隣町内を、うねり歩いた、
私がいちばんしんどかった~。



まあ、秋祭りを満喫できてよかったかな。
それにしても、とても、近所の人たちは、
気さくないい人たちばかりだ。 
スポンサーサイト

category: 3歳前半

tb: 0   cm: 0

3歳児検診から、自分の反省に繋げる  

私の地域は、3歳半検診です。
で、昨日幼稚園の帰りに行ってきました。

①身体測定
 身長 93.4cm
 体重 12.3kg 
 頭囲  48.8cm

 身長は、中の下くらいだけども、
 体重は、底辺くんです。
 しかし、ひいき目で、栄養状態は、普通との診断を頂きました。


②歯科検診
 虫歯ゼロ!
 先生に褒められました。
 まんざらでもなかった様子。
 アバウト育児だったのに・・。これから気を引き締めます!


③育児相談
 何歳?        「みっつ」
 今日は、誰と来たの? 「おかあさんとあゆむくん」
 好きな食べ物は?   「パン」
 何して遊ぶ?     「サッカーと三輪車」
 
 

 保健師さんからアドバイス。
 ・一歳半検診の時、多動かと心配していたようですが、
  今の様子を見ていたら、全く問題ないです。
  元気な三歳児ですね。お話も上手です。
 
 ・無意識に物をかむ癖があるんですが・・と聞いてみた。
 「何かしら、この時期は、落ち着ける癖があるから、
  無理にやめさせなくてもいいですよ。精神的なものとかではない」

 あと、○を描いて見せたり、パズルをしてみせたりした。


④医師相談
 
先生から色々質問を受ける。
 今日は、どうやってきたのかな~。 「くるま」
 誰と来たのかな?         「おかあさんとあゆむくん」
 ケンケンできる?         「できる!」
 

⑤診断結果報告
問題なし。
また、なにか、悩んでいることがあれば、
相談にきてくださいね。ということでした。


問題があるんではないかと悩んでいたけど、
ただの「元気すぎる悪ガキ」ということなんでしょうな。
安心したー。



待っている間も、2時間くらいあったけど、
走り回ったりもそんなになく、お友達とよくするイザコザもなく
絵本を読んだり、ブロックで遊んだり、
いいこで過ごしてくれた。


だから、ご褒美に
帰りに大好きな、カルピスを買ってあげた!



あんなに、1歳半~3歳手前まで、この子はどうなるんだ!と
悩んだものですけど、やんちゃさは、平均以上ですけど、
癇癪自体も減ってきて、物事の切り替えも、癇癪起こさず
出来ることも増えたし、(帰るよー はーいみたいな・・)
スーパーも、私も周りでゴゾゴゾは動くけど、
一緒に行動するし、外食も、席から立って動くとかは少なくなって、
食べ終わるまでいてくれるし、
外食もしやすくなったねとこの間ご主人さんと話してた。
叩いたりっていう、意地悪な叩く行為自体は、無くって、
むしろ最近は、叩かれたら、
「そんなことしては痛いよ!」と近所の子に
指導するくらいで、どっちかというと、おちゃらけて、
戦隊ごっこ的な叩くが多くて、状況をみて、どうしたら
お友達といい距離で、戦隊ごっこができるかが課題かなー。


楽しんでくると、加減が難しくなるのよね。
興奮してくるとヒーローになりきってきて加減できなくなるのも分かる。

あと、痛みがわかってこそ、こう遊んだら楽しく遊べるんだと
お友達同士で、学ばなきゃいけないとも思うんだけど、
自分ところはその方針で良くても、お友達が関わると、
ヒヤヒヤするから、ちょいちょい口を挟みたくなるのよね。

子供同士で解決できないとこをフォローするくらいの
心の余裕を持ちたいと、私の課題です。
結構、一々はいってしまう・・。
ガミガミ母さんにならないようにしないとな。


ダメなこと大声張り上げて注意するよりも、
言葉を理解できるようになってきたし、
落ち着いて言いたいこと伝えた方が、
何倍も効果があるな~って思うし、
すこし大人にならんとな・・。

サクに、
「母さんがお話してる時は、母さんの目を見て!」
と私、いいますけど、怒られると思って
ああゆうときって、絶対サクは、
私の目をみてないのよね。

っていうことは、わたしも、絶対、さくが癇癪起こして
訴えてきているとき、心の中で、うるさいなーと
おもって、逃げて違うことしていることがあるので、
その時に向き合ってあげなきゃいけないなーと。
そうゆう大人の態度がサクにでていると思うし、
叱る時、ちゃんと話を聞いて!というけど、
親が子の話きいてないのに、子がきくはずないわな。
本当に、何かを一つ一つ教えていくよりも、
自分の行動で見せたほうが、学ぶこと多いんだろうなって思います。


ああ、親って大変だなあ。

3歳児検診から親の独り言反省になってしまいました・・。

category: 3歳前半

tb: 0   cm: 2

ビバ!児童館!  



日曜日に児童館で、ウォーターガンバトルというのがあったので、
さくが参加してきました。

009_convert_20110717221800.jpg
まずは、的に当てる練習。

はちまきで、φ(。。) イエローチームと、レッドチームに分かれて、
ポイを破られるとアウト!

小さい子も大きい子も関係なし!
012_convert_20110717221823.jpg
「おりゃーー!」


最後は、お兄さんたちに水を沢山かけられたり・・
びしょびしょになって、楽しんでいました。
015_convert_20110717221841.jpg


そのあと、児童館で、跳び箱を披露してくれたり、
027_convert_20110717222013.jpg


丁度、今日は、こども喫茶店の日だったので、
028_convert_20110717222035.jpg


029_convert_20110717222052.jpg

50円でアイスを食べたり・・。
032_convert_20110717222134.jpg
「うまい~」


あゆむくんも、お外が暑かったせいか、
児童館のベビーベッドで、寝ていたしてくれたので
サクに付き合ってあげることが出来ました。


水鉄砲とかのイベント大人でも楽しそうだった~。
児童館のイベントも結構、凝ってて楽しいものです。

また、積極的に夏休みは活用せねば~。

category: 3歳前半

tb: 0   cm: 0

かるたでメンタル特訓 シリーズ~第一回~  

サクには、本当にジャイアン気質なところがあります。

僕の物は僕の物。
お前のものも僕の物。

だから、貸したり借りたりが苦手。

そして、皆が、こうしようと、サク以外が、
一緒にしていたとしても、
「ぼくはこれがしたい!今はこれの気分じゃない!」
と希望することをして、欲求を満たしてしまう。



みんなが今はこの行動よというときにも、
気分が高揚しているときは、
落ち着きなく、自分の気持ちに自制がかけられなかったり、
突発的に違う行動してみたり・・・
周りの子より気持ちのコントロールが苦手だなあといつも思う。


しかし、母の私も悪いところ、
生活の中で、癇癪起こすとワーワーめんどくさいし、
癇癪起こされたくなくてそっちを少しさせて落ち着かせたら、
次の行動へ移させようとする。
これって、多分サクの中で、
こうゆう風に言えば、お母さんがさせてくれるっていう
甘えを私がつくってしまってるし、
甘えてるだけなんですよね。


完全に逃げてたわ~。私が。


このスイッチの切り替えを、
やはり3歳4カ月にもなったので、メンタルトレーニングしなければと
考えた今日この頃。もっと、早くからしとけよ~って感じでしょうが。
お恥ずかしながら今です。。。


かるたで、楽しくメンタルトレーニング。
では、いってみましょう。
かなり癇癪を起こすと予想の下、やってみます。。。
(だから、癇癪をおこしても、覚悟してやるので
 冷静に私も対応できるとおもう・・www)


まず、かるたの札を全く私が気付いてないフリして、
何枚か取らせてみました。

案の定、自分のペースだからご機嫌にやってくれます。
001_convert_20110717221709.jpg
とれたよ~。」


「はい!」「ハイッ!」
 
 ご機嫌です。

そこで、
母の本気モードで一枚取ってみます。


 まきずし「あった!はいッ!!」


    ↓
    ↓

  それでは、
 取られた時の場面・・


 004_convert_20110717221743.jpg
 「ギャーー!!!!


  取ったカードをまきちらし、
  そのカードを僕にくれ!と言います。ずっといいつづけます。

 母は冷静に、
 「このゲームのルールだよ。母さんが先に取れたから、
  カードは、母さんの物だよ。守れないなら、もうやめよっか。」


 さく「いやだ~。やる~。す!!!!る!!!!の!!!」
 
 母 「じゃ、次、頑張ってとってみよっか~。
    サクには、絶対母さん負けんからね~。」


 また、機嫌を取り戻す。

 
 で、カルタ再開。

 札を読んで、ある場所は分かってるけど、
 わざと、さくに取らせて・・。

 さらに機嫌良くなり落ち着く。


 母 「それ!欲しかったのに~!!!
    ちょうだいよ!」

 (案の定)

 さく 「いやだ!さくがとったんだもん。」

 母  「そうだよね。嫌だよね。じゃあ、同じこと 
     母さんのカード、サクが欲しいって言っても、
     母さん嫌な気持ちになるよ。」

 さく  「うんうん。そうだ。」


 これをバランスよく繰り返す。

 そして、今日のカルタ大会終了。


 ハマったようで、夜にも、父とやってたけど、
 癇癪度数は減ってたから、効果があったかな。

 
 今回、これをシリーズ化して、
 どう変化するか、アップして、成長を記録したいと思います。



 
あと、先生と個人懇談でも話したけれど、
TPOに応じて、
けじめをつけることが苦手なのは、やはり、
相手の立場になって考えるということができていない。
言葉の意味を十分に身につけられてないことも大きいと先生。
コミュニケーションが最近増えてきたけど、
指示されていることの理解力がまだ弱くて、
どうしたらいいかわかっていない。。

言葉のバリエーションがまだ少ないので、
語意を広げることで、理解する力を増やしてあげなければ
ならないと話してくれました。



 この時、どう思った?

 さくならどうする?

 どんな気持ちになった?

 
 
 ああ、そう!この会話のやり取り・・・
 

  「痛かったね。」
 「○○したかったよね。」
  これはサクの気持ちにそって話してみてきたけど、
 コミュニケーションが増えてきたらこの方法も
 有用だなあ~。


 言葉の引き出しどんどん増やしてあげて
 スッと楽になれるような時が、 
 いろんな場所で、いろんな人で、
 みつかるように、私も、サクを導いてあげなきゃね。

遊びって本当、公園でのやりとりや、ゲームなど、
社会性やコミュニケーションを身につけるツールであり、
大きく繋がってるんだな~ってつくづく思います。

category: 3歳前半

tb: 0   cm: 4

たなばた と 習い事  

たなばたの飾りを幼稚園から持って帰ってきました。
009_convert_20110708100814.jpg

サクのお願い事は何かなとみてみると・・・

 「ぴあのがじょうずにひけますように さ<

 と書いていました。

 まるで、西田敏行じゃないか~。
(ぼくが~ぴあのをひけたなら~が思い浮かんだ母)
 ごーかいじゃーになりたいです。だと思っていたので。

 ピアノしたいっていってるよね~
 

 
 私は、4歳くらいからエレクトーンを習わせてもらってたけど、
 練習がかなり嫌いで、小学校入って辞めてしまった。
 今となっては、
 弾けたら楽しかっただろうな~って思う。 


 結局最後まで、続けたのは、そろばん。
 
 そろばんは、小さい頃からやっていたので、
 計算するとき、 3~4桁の足し算・引き算くらいだったら、
 今でも、頭の中に、そろばんの珠が、でてきて、
 いまでも、計算できます。

 買い物してる時、お財布の中身と照らし合わせる時の
 得意技(笑)


  あと、高学年に近所のおばさんがやってる塾にいってたけど、
 それも、楽しかったな~。
 皆で、お勉強するんだけど、最後にアイスを皆でたべて色々話したり、
  なぜか、蚊が多くて、蚊を殺した生徒には、殺した蚊をみせると、
 鉛筆を一本くれるというユニークな先生だった。
  あと、親としては困ったであろう、
 月謝の金額は、親御さんが決めてくださいという、先生で、
 極端な話、一円でも良かったわけ。親は、困ってて、相場で入れていた
 みたいだけど。

 しかも、6年生になったら、ディズニーランドへ皆でいくという
 修学旅行よりスケールの大きいイベントがあって、
 塾の同級生5人くらいと来年は行けるねなんて楽しみにしてたのだけど、
 先生は、病気で、亡くなってしまって塾は消滅。
 楽しい塾だったな。

 
 先生との相性って絶対あると思うし、
 先生が好きだと、楽しくなることって多いと思う。
 現に、サクは、いまの、クラスの担任の先生が大好きで、
 毎日話してくれたり、朝、「行くよ~!」「行かない~。」
 の騒ぎは、年少さんに上がって無くなって幼稚園にも毎日
 楽しそうに通っている。




 

 まあ、コミュニケーションがとれるようになったことも、
 大きいのだろうけど、楽しんでくれて何より。
 お友達の名前も
 ずいぶん出てくるようになったしね。

 

 ピアノも色々な教室試してみて、
 サクにあったとこ見つかるといいんだけどな~。
 
  
  
   
 
 

category: 3歳前半

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。