ぶらり杏仁豆腐 ~育児・日常diary~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

幼稚園に入っての成長。  

ひまひまな中、サクは、めっぽう、じいちゃんとこいく!ばあちゃんところいく!と
言うので、考えた末、では、突如、列車に乗って帰ってみようと思いついた。

JR松山駅までは、バス停が遠いので、(といっても徒歩15分)
暑さに負けて、タクシーで。
で、特急いしづちで、向かうは八幡浜!


列車に乗るんよ~用意してといったら、
自ら、着替え、テレビを消す、靴を履く、帽子はどうした!?とさわぎ、
きっちり被る。幼稚園の準備とは大違いのすぴーどであった。(笑)
001_convert_20100720080032.jpg
いくで~


電車や構内で騒ぐかと思いきや、
興奮しているようで、終始、私のあとをきっちりついてくる。
アンパンマン列車の時間を調べずにきたので、残念ながらノーマル特急だった。
けど、内子駅で、アンパンマン列車を見れて、

「ばいきんちゃん、ばいきんちゃん。あーんぱんち!」
と興奮していた。

40分余り、お利口にいてくれて、
車で帰るよりもお金はかかるけど、
親子で楽しめた。

005_convert_20100720080052.jpg
普通の列車で十分です。」



で、ブロ友のぷにちゅさんに、教えていただくまで、
通知表の存在を気付かず夏休み過ごしていた。。
ちょうど、一つの絵日記の予備の新しいほうに先生がはさんでいた。
ぷにちゅさんにおしえていただかねば、こんな存在、新しい絵日記
開くまで、きづかなかっただろう、、、母親。

挟んでいたおたよりに、『新学期になったら、育てのしるべを
ご返却ください』と書いてあったので、なんのことだ?と思ってた
やさきだった。


育てのしるべという名の通知表もどき。



001_convert_20100730180246_20100730180824.jpg
2歳4カ月が評価されるなんて・・・。
うう~ん。月齢によってばらつきでるんじゃ~??
002_convert_20100730180303.jpg



 三重○ ・・・・・ 『大変良い』
   ◎ ・・・・・ 『良い 』
   ○ ・・・・・ 『もうすこしです』



  で評価。


 サクは、
 大変良い  ・基礎的な運動力がある。
       ・大きな声であいさつができる。
       ・絵本や、物語をよく読み、想像力を豊かにすることができる。
   ・リズムを楽しむことができる。
       ・粘土で好きなものをつくることができる。
       ・英語社会の中での生活が楽しく送れる。
       ・英語での授業が理解できる。
       ・英語で考え、答えられる。



もう少しです ・身の回りを清潔に保つことができる。      
       ・食事のマナーがわかり、友達と楽しく食事ができる。
       ・生活を楽しみ、自分の力で行動することができる。
       ・遊びのきまりをまもり、友達と仲良く遊べる。
       ・自分の持ち物の整理整頓や後片付けが出来る。
       ・数・言語面

 英語担任より。
  Saku is a very enthusiastic student.
He's very interested in English and can use some words and phrases
by himself. He's learned to sing some English songs. We're working
on following classroom commands and building listening skills.

(熱心な生徒です。英語に興味をもち、進んで単語やフレーズを使って話しています。
  歌も上手に歌えます。更にリスニング力と指示文に取り組んでいきます。)

もう母を越えたか・・・英語力。


 クラス担任より。
  生活を楽しみ、笑顔でダンスを踊ったりすることができています。
  朝の会では大きく口を開けて暗唱や、フラッシュカードに意欲的に取り組めています。
  お弁当の準備・後片付けを自分から進んでする姿も見られます。
  
  とのことでした。

  

       「もう少しです」と言われた部分は、2歳4カ月で、仕方ない部分も
       あるので、(友達という感覚がつかめないとことか、数・言語面って、
        分かりやすい発音で、話せるや、自分の気持ちを言葉で表現できる、
        文字を読む・書くなど・・(ーー;))
        少し、社会性的な部分を夏休みで、すこしずつ教えてあげたいなあ。
       (おもちゃや持ち物のお片づけや、食べるときに落ち着いて食べるとか。)


   まあ、私は、勉強とかそうゆうの比べてるわけでなくて、
   楽しく通ってるところを評価してあげたくて、
   
   『かあさんと離れてさびしかったねえ~。でも楽しく通えたね~。
    ギューーー!!』(さくはこのギューが大好きなので・・) 
    
    と褒めてあげた。 

  極力、私は、ガンバレって言う言葉は使わないように心がけている。
  自分自身、昔、プレッシャーになったって思いが強いから。
  
  親はそう感じてなくても、子供は、やはり、小さいうちから、
  お母さんに認めてもらいたいと思う気持ちが強いと思う。
  (いいことでも悪いことでも)それが、天秤にかけたとき、親のほうが
  強くなったら、ダメだって思うし、他の同級生の子と、比べて
  あの子はこうだから~うちもっていうスタンスだけはなりたくないから、
  自分の中での、育児スタンスは崩さないでおこうと、揺れかけたとき心の中で思う。

  方向に迷うときって、
  やはり、親の都合で考えてることが多いと思うのよね。
    
  幼稚園選びだって、
  給食が多いし~とか、しつけに厳しいからとか、
  勉強させてくれるとか、どんどん時代は親目線になってるのよね。
  確かに、親が選ばないと、幼稚園とか、保育園決めることは難しいのだけど。
  まあ、合う合わんは出てくると思うけど、子供の順応っていい意味にも
  悪い意味にもすごい。だったら、すこしでも、環境って大事だと思って、
  今にいたるわけだけど。早期教育がいいか悪いか別にして。
 
  
  昨日、友達から聞いた話では、
  小学校で、うろちょろする子とか、生活がなってない子がいたら、今の時代は、
  「○○幼稚園から、来たから、しょうがない。」とか言うって
  聞いて、すごくびっくりした。
  
  私もこの時反省したけど、躾やトイトレは、幼稚園でしてくるし。って
  幼稚園任せにしてるとこあったとおもうのね。
  それは親のエゴであって、しっかり、母子の時間は、
  サクに対して、色々体験させて、家庭の力で、成長させて
  あげないとな~と思った。まあ、トドみたく倦怠感から
  寝てる母も見せてと・・・笑 (息抜きも必要だぞという、母からの
  体をはってのメッセージ!)
     
  そこの幼稚園や保育園にしたって、
  やはり、言えるのは親の背をみて子は育つ!だな。
       



あと最近の日記の成長。
004_convert_20100730180342.jpg
「4月の絵日記」  

  ↓
003_convert_20100730180321.jpg
「現在」


 かあさんは、サクが○しか書けなくても
 こうやって一つのことをやりとげたことがうれしい!
 「家の子ひらがなに興味がでてきたの~」
 「すごいね~!!」っておもうけど、焦りはなくていつかはサクもできる!
 辻希美、ボクシングの具志堅だって、字はかけるじゃないか!掛け算はしらんが。 
 こうやって、親子の作業の中でいろいろやってる時間がたのしい。

 夏休みは、紙をどんどんちぎらせてちぎり絵や、すいすいお絵かきが 
 すきみたいで、家での作業は楽しんでるので、2人でやってる。
 あと、旦那さんのじいちゃんに貰った、カブトムシ育て。
 もっぱら親がやってるけど。    
 

まあ、しかし、サクは昼寝がいちばん心地よさそうだ。

005_convert_20100730180423.jpg

いつもキーっとなりそうな時もありありな母ちゃんだけど、
みているこっちも幸せです。


ポチポチありがとう。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

category: 2歳前半

thread: 2歳児の日常 - janre: 育児

tb: 0   cm: 2

コメント

お役に立てて良かったです(笑)
結構的確で、ガーンとすることもありますが、よくみてくれてますよね。

私は結構「頑張ってね」って言います。すると本当に頑張るし、「頑張ったね」と褒めるととても喜びます。やりたくないときは「頑張れな~い」と自己申告します(笑)
まだプレッシャーを感じるほど成長してないようです。まぁ私も無理強いはしませんし。

サクくんとの小旅行、いいですね!
ハルは列車に乗せたことないので、一度アンパンマン列車を検討しようかなぁ。

URL | ぷにちゅ #ELyQwC2.
2010/08/01 21:22 | edit

ぷにちゅさん

サクの場合、だいたい家でも思ってることだったので、無事一学期終わるだけで母子で安堵というような、感じです。たぶん通ってるなかで10本の指にはいる呑気さかも~。
うちは兄が勉強しなくても授業だけでできるタイプで苦労せずとんとんと大学もある程度の名前の所にはいり、下の妹も下でできる子で、わたしゃ、真ん中で、よく比べられ、育ったので、頑張ったね!は嬉しかったけど、頑張れ!頑張れ!できる!が嫌いだったから、頑張ったねぇ~はいうけど、頑張れは心の中とblogの独り言に留めてるような気がしま~す。

しかしながら、たぶん幼稚園の先生はいっぱい行ってるんでしょうけどね~(笑)

URL | まきずし #-
2010/08/01 22:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maki5416.blog70.fc2.com/tb.php/363-73862141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。