ぶらり杏仁豆腐 ~育児・日常diary~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

おにいちゃん と おとうと  

004_convert_20110708100755.jpg
やっほー

007_convert_20110708100723.jpg
右のほっぺに、お兄ちゃんのおもちゃで不意打ちにあったであろうアザ。


今、何か、アユム君が、
 事故に合って病院に行ったならば、

 病院で、
 「この・・・あざ・・。まさか・・虐待・・?」とか、
 思われそうなアザ・・。


 痛かったろうに・・・。次男の試練だ。 
 気をつけなきゃ。


サクも、最近、戦隊ものが大好きなので、
その辺にゴロゴロしてるから、
赤ちゃんが標的になったりすることも。

で、蹴ったりする→私たちが注意する・とっさにあかちゃんを大丈夫か確認
              ↓
           なぜ僕だけ怒られるの?
              ↓
        赤ちゃんにジェラシー・・赤ちゃんがうらやましい
              ↓
           あゆむくんへ攻撃

 という、サイクルになることも。
 自分を認めてもらいたいというところから、
 あえて、私たちが嫌がることをすることも。

 
 こうやって文字にすると、
 私が、あゆむくんと関わるとき、サクを参加させたら、
 サクの気持ちも落ち着くのかな。と思います。反省。


 さくも、さびしいんだろうなって思う。
 当たり前に、一人っこでお父さん・お母さんを独占していたことが、
 突然の存在で、自分のペースをかき乱されてるわけで。
 
 
 夜、寝るときに、サクがぼそっと、昨日
  「赤ちゃん、おやまに捨ててきたらいい。」
  と言って、ビックリした。
 
 赤ちゃんのお世話もしてくれるし、
 あゆむくんのことは、見てて、さくも
 大好きなんだろうな~と思うけど、
 でも、自分だけを見ててほしい。
 その気持ちわかるなあ。
 
 
 公園に行きたくても、
 「まってね~あかちゃん準備するから~。」
 っていったり、うまく、サクと、あゆむくんのタイミングが合わなかったり。
 今日は、雨の中散歩したいっていっても、
 一人相手してたときなら、よし行こうなんて、相手してたけど、
 今は、赤ちゃん連れてじゃ難しいし。
 「ここで、屋根のあるここで、
  赤ちゃん抱っこしてみてるから、サク傘さして歩いていいよ。
   ちゃんと見てるからね~。」
 「わかったよ~」
 と、アパートの前の広場で遊んでても、サクは、お母さんとしたいんだよね。
 ちょっと、楽しそうでなかったり。

 あと、あゆむくんを抱っこやおんぶして、
 サクとボール蹴りとか、野球することもあるけど、
 長時間っていうのは、難しいもの。 

 赤ちゃんのテリトリーと、サクの行動範囲の広さ。
 このギャップが大変。大人しい子のレベルが、
 小雨くらいだとサクは台風くらいだからな。
 (わけわからないたとえですが)


 ほんと、自分の体が二つあったら・・と思います。
 
 
 
 夏休みも、どうやって工夫して、2人を、
 遊ばせようか・・

 幼稚園のお友達にも声をかけてみなければ~。


 
 
 今は、サクにとっては、
 あゆむくんは、可愛いけど、
 存在がライバル・・う~んちょっと邪魔な感じ。 
 
 『おにいちゃん と おとうと』
 こうゆう関係になるには、まだまだ時間のかかりそうな
 まきずし家です。 

 
  
スポンサーサイト

category: 母のひとりごと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maki5416.blog70.fc2.com/tb.php/580-8565c70b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。